蓄膿症の症状|副鼻腔炎の症状と対策

スポンサーリンク




蓄膿症の症状を詳しく調べよう!

蓄膿症 症状 について。

 

 

 

 

 

鼻のもの病みと言うのは、スギ花粉症やアレルギー性鼻炎、肥厚性鼻炎などの症状の他にも色々有ります。

 

 

 

特に、幼い赤ちゃんやお子さんに数多い症状で「蓄膿症」と言うものがあります。
蓄膿症とは慢性副鼻腔炎の事で、その名前のとおり副鼻腔に発赤がおこる病魔の事です。

スポンサーリンク



 

 

 

 

蓄膿症は主に、感冒などによって副鼻腔に発赤がおこる事で突発した化膿が副鼻腔内にたまる事によって突発します。

 

 

 

この化膿は鼻の粘膜を膨脹させてしまう特質を持っているので、これによって膿は鼻腔内から放出されず、どんどんたまっていきます。

 

 

 

 

鼻の編成は、息を吸ったり吐いたり致す鼻腔と、 鼻腔に隣接する副鼻腔からなっています。
鼻腔と副鼻腔は自然状態口と言う小さな空洞が通っています。

 

 

副鼻腔には、上顎洞(じょうがくどう)(頬辺の奥)、 篩骨洞(しこつどう)(目の内部)、
前頭洞(ぜんとうどう) (目の上)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう) (篩骨洞の奥)があり、
これらの副鼻腔に 急性的の発赤が起きる事を急性副鼻腔炎といいます。

スポンサーリンク



 

 

 

 

急性副鼻腔炎のまま適正な療治を受けずにいると、副鼻腔炎が慢性化し「慢性副鼻腔炎」と言う状況になってしまいます。

 

 

この状況がいわゆる「蓄膿症」で、化膿のような鼻水が出続けます。

 

 

 

化膿がたまり続ける事により副鼻腔の粘膜がさらに発赤を起こして悪循環に陥ってしまい、ますます症候が激しくなっていきます。
激しくなると副鼻腔にポリープができる「鼻茸」と言う症候に成り変わる事柄もあります。